左右

隙あらば酔っ払ってたいし公園行きたいし海見たいし山行きたい水族館は行く あと秋川渓谷とか行きたい 等々力渓谷にはすぐ行きたい 外出という行動力の源が元々ない

レーダーマン

見たくもない女のパンツなんか気色悪いだけ 昔のことを思い出そうとしたりしなかったりしてる あの頃は何がつらかったか、いまは、本当のことを、左右の自分とは違う影にすり替えられた気がしている、誰だよ本当にやめてください。 本当のことをすり替えられ…

息を吸って吐いてそれなり じぶんが肉の塊ということをしばし忘れていたな 結局世の中の仕組みを知るどころか歩いてるだけで視界がグラグラする始末だ、まずメガネを外せ

スイッチする

無理してるとか無理してないとか、そういう判断も正直よくわかりませんしてるようなしてないような、いつもなんか他人事感あるのがまず間違ってる気するけどなんか仕方ないいつからか判断材料が自分より他人の比重がバカみたいに大きくなったのが悪いでも判…

結局缶ビール4本飲んで何もせず爆睡しました 昨日はいい日だった気がする 今朝窓から空の缶ビールが降ってきて目が覚めました 三度寝をしたら最低な夢を見ました 深大寺で早朝から撮影をするつもりがもうこんな時間です 人と会話をしないとどんどん自分の渦…

昼前学校へ向かおうとして急に深大寺に行った。 座ってるだけで泣きそうな意味不明人になっていたけど、いろんなものが平等に生きて平等に死に絶えそしてそこからまた木の芽の生える姿に身を投じたらなんかどうでもよくなった 神宮へ野球を見に行って酔っ払…

歩きながら1本飲んで帰宅してから飲むために常温から冷凍庫で冷やしたまま忘れて凍らせた、2回目。 家帰ったらお茶にするかね

アサ

今朝妹から頼まれていたレポートを印刷してシャワー浴びて早々に朝ごはんを食べようとしました、温かい豆腐を大量に食べたくて丸ごと入れた味噌汁作ろうとして玉ねぎと豆腐をぐつぐつしてました、同時にお揚げも焼いてました そろそろダシを入れようと探しま…

晴れた気持ち雨降りの午前このまま雨なんか止まないでいてくれたらいい このままではいけないなんて誰にも言われていないでもだめなんだと言われたような気もする なんか元気にやっている 巨大ワニが強すぎて、勝てなさ過ぎ・・と何故か落ち込んだ、はあ

自分の芯だけは強くごまかさずに生きたいものです 自信なんてないけど、それは他人と比べる必要のないものだったからこうやって数少ない好きな人たちに囲まれて人生やれているのかも(中々あったりできないけど) 明け方に起きて、牛乳を二杯飲んでたら二時…

部屋片していたら空き缶がたくさん出てきた、あーあ。 今まで刷った余ってる漫画を思い切って全部捨てた、気が楽になった。あとなんかありがとう 日によっては全能マンなんだけど、そのせいで不能の時に自分の嘘っぽさに耐えられなくなる大変困る。 嘘つかな…

神宮球場でビール飲みたい

まともと思って生きてきたけど もしかしたらまともじゃなくてそういうときはそれこそ難しいちゃんと、伝えるにはなにをしたらいいかもようわからん 現実不精ならそれまでか そんなだっけか

20日を過ぎた頃から体の調子が異様に悪くて内臓は最悪な状態 授業に対するやる気も喪失ぼーっとして朝寝坊してバイト遅刻して学校も遅刻して下痢生活。 駄目元で応募していた受からないであろう成績良好しゃようの奨学生に何故か受かるし、意味不明最高じゃ…

襟足を切る あ 音が鳴る、音を聞く、感じる 人には人のフィルターがあるそれはとても大事なもので誰もが持ってる 鐘が鳴る、鳩が飛び立つ、広場を埋めた群衆の叫びが、聞こえる。歌を、歌をください この合唱曲好きだった

起きたらズボンと靴した片方だけ脱いだ状態でした

ヒカリエのトイレで寝てたら首を負傷した

生の実感のない生

バカなので、締め切りあるし日曜日バイトなのに、こんな時間まで2009年からの残っているデータを一生眺めていた。 スカイプでした長ったらしい会話だとか、同級生の昔のブログのアドレスとか自分宛にメールして保管してあった(ほとんどがリンク切れ) やわ…

おはよう鳥のいるところ

夢を見た気がする、またたくさん寝た。 時間なくてまずいんだけど、体の調子はいいからこっちの方が本当なんだろうと思う。 caribouのジャケットがきれい can't do without youって無限に言うだけ

手のひらから声が聞こえた。毟り取る春が、もうそこにまで追いついている。 音、無音の中根を伸ばす葉に葉に、少し長く息を吐いて 君がいた、もう跡形もないけれど これはいつかの下書き 本日学校で、小中同じ学校出身の5歳年下の子と知り合いました。

講義

その人の話す言葉や態度や全てのことが辛くて遅刻したのに早退した、自分で払ってる授業料なら出ろと言われるかもしれないけれどもだからこそ帰る、最悪な気分だ少なくとも今日はこの人の話を聞けないと判断した。

手や腕に虫の走る感覚のある日。 寝てしまう日は仕方ないのでわたしは自分を責めない。 キーボードに血がついてる、多分唇の皮ひんむいた指についた血のせい

自分のことを10歳のおんなのこだと思っていたくて生きていたけど、 みんながみんなそれを許してくれる訳なくて、それでもやってみたけど無理だった 私の見た目はふつうに成長してしまったし、中身もそれなりに大人の内容だ、大体。 最悪 どうしたら自分がoka…

歯が穴だらけになる恐ろしい夢を見た

27年度の収入が極端に少なかった為か市民税が安い 来年はきっともっと安い それだけ

東京の世田谷に生まれて、世田谷の高等な雰囲気の男の子や女の子に囲まれて、そこで気取ってかっこわるくカッコつけて、それで自分もそうやって生きていけるに違いないと思っていた頃があった 惰性と、オシャレと、酒とセックスとタバコ、音楽…アート達に囲…

ツー、ツー、ツーー、 ツー 願いはいつも、手の届くところにあってしかも、絶対に触れなかった わたしの触れているものは、いつも「くう」で やわらかくてあたたかくて、つめたくてさみしくて、すごく切ないものだった これはまた別の話 電話をかける もう使…

本当の意味のなにか

てきとーに遊びたいけどちゃんと作りたいとかいう変な気持ちのままサンドバッグになり先生に立ち向かいそれでさっき見せたら一転していいねいいねとか言われてトイレで泣きましたやのは遊びたい酒飲みたい遊びたい楽しいことしたい作る事は楽しいが、常にそ…

PFを作る過程でなんかポスターとかCDジャケットとか作ってるのでそこでいちいちひと息ついてしまう柱の位置やキャプション画像のサイズや入れ方も1パターンでは無理なので頭をパン生地くらいにしないとやっていけない、授業、取り敢えず一時停止してほしい、…

終わらない、終われない、だってまだまだ元気にやっていけるポートフォリオ作りがありえない苦戦、一日中口に物を詰めながら、朝6時から9時まで作業をするなんかやっとフォトショイラレそこそこ使えるようになったけど本作りは明らかインデザだろうというこ…

なんにせよ初めてやることは自分でも驚きの出来なささで困ってる

祭りの後、ただその時の気持ちが忘れられない

さよなら

しこりが消えた2月下旬から昨日まで、休みなく毎日グループワークをやってきたしかも作品の出来は、良い、悪い、時間不足という感じの順番に終わり最悪な気分だったたくさんの反省と自分への次回の期待を胸に、ね。取り敢えず昨夜は不甲斐なさに落ち込んだ、…

わたしは、人として好きな人のことが好き

耳の後ろの骨

なんか頭部にしこり出来たので、死ぬのか・・・と思っていろいろ調べまくったけども死なない確率高そう。あり得ないくらい時間ないけど1週間このままだったら病院へ行こうと思いました。鏡で自分の顔をちゃんと見たのはいつだろうしこり、すこし痛みますフレ…

現実のゆめ

23時過ぎ、歩道の端で力尽きかけたうつくしい蝶を見つけた。1度通り過ぎてまた戻り、せめて土の上へかえして上げよう、そう思った。羽根は8分程広がってい、ブルーと黒のきれいな紋様だった。触って鱗粉が付いたらなんだか申し訳ないと思ったので、紙で掬い…

わたしはあんまり頭が良くないから、うまく割り切ったり出来ずにこんな風に日々を過ごしているけどなんで、こんなに何かを生み出すことに諦めがつけられないかというと、それはもう止められないことなんだと思う。自分はサボること大好きで、だいたい面倒臭…

今年は冬から春にかけてのアレルギーなかったけれども春から夏にかけての今喉鼻目がやられている作品を会社の人に見せて一生懸命喋ったら、死んでいた喉がより死んで、ハスキーやのになりました。あれだけデザインが好きな人たちに囲まれて仕事をしたら普通…

授業の前に就職相談をしためちゃくちゃハキハキした女のおばさんに大きい声で色々言われて、席を立つ頃には完全に血の気が引いてしまった。授業がおわり、最寄駅に着いた頃歩きながら過ぎた時間をとやかく言うのは間違ってると、誰もいないところで毒づいて…

生きる意味

わたしには将来の展望もはっきりとした希望も、モデルとなる憧れの存在も、好きな生き方をしている人もいない正確には知らない、わからない、存ぜない本当にアホらしいどんどん身に染みる、奢って生きてきた返り討ちに遭うんだろう時代は流れる、ついて行こ…

「また寝すぎた」気持ちだけ先走り起きようとして歩いてたら足がしびれてたらしく膝から崩れて驚く なんかこわい

生きてるんだから、生きないといけない。生活の為の生、まともな生、生活前のめりでつま先を地面につっかけものすごい風の中、自分自身だけが置いてけぼりで、どの私が誰に背中を叩かれてこんなに走っているのか、人生をよくするための過程は死なないと終わ…

思わぬ俯瞰

急に自分以外のエネルギーを感じて意識が自分の中とはズレるとき、もしくは自分の中にある"ま"に寄って押し出されるとき1種の怖さと浮ついた心内で焦点の合わない目で感じたものを吐き出す体外へ出たいといういつからか感じ始めた感覚を、急に思い出す、私の…

雲間

眠りと生活の質のことを考えた眠くても無理矢理起きて作業しても効率の悪さを考えたら意味がないので最近は寝ることを心掛けている遅くとも1時半には寝て、場合によっては早起きをするようにした。自分に合った生活をそろそろ見つけるべき時かもしれない仕事…

季節

変わり目にいつからか物凄く敏感な人物になってしまい、ついこの前までまた終わり見たいな日々を過ごした。喉のつかえが酷くて、それでも仏面して飛び乗った電車の終点まで深呼吸すればなんとか動悸はおさまった。すこし魂の抜けた状態で居た。鉄コンキンク…

いろんな疑問をいつも、よくわからないからと有耶無耶にしてきた それは火曜の21時から止めた。 既存を壊さなくては生きてる意味がない 急に感情が昂ぶって、涙腺からじゅるじゅると音を立てて涙が出た。 何に対してだか物凄く憤った感情がそこにあった、よ…

5-11

朝3時に起きるつもりが5時に意識が戻る 6時まで二度寝をする、7時になってもまだ眠いので8時に起きた。 予定より5時間多く寝て、さすがに提出物があるのでふらふら起きる。 PCの前に座ろうとし、くるくる椅子から落ちる。 大きな"日本"のダチョウが殺される…

千切れた春を、手で摘んだ手で摘んだから千切れたのかも知れなかったあの人の右手は、わたしの左手によって取れてしまった。少しだけ痛かったみたいだけど、そもそも、感じることを止めたようだわたしが止めさせたのかもしれない。◯という呪いをよくわからな…