左右

あれが一体いつの記憶だったかなんて本当はどうでもいい